ペラペラになって気になった英語の起源について調べてみた

ペラペラになって気になった英語の起源について調べてみた

今僕たちが普通に接して英語がどんな風に生まれたか気になりますよね!英語にはどのような歴史があるのか調べてみました!

スマホホームステイ公式HP

英語の歴史は大まかに3つの段階に分けられる

はっきりとした分類は言語学者と研究者で論争が続いているようですが、この3つの段階ではっきりと区別をすることができます。

第1段階:古英語

第1段階のおよそ500年~1100年位まで使われていた英語の起源ともいうべき言語です。

こんなに前に遡るなんて驚きですよねw

ブリテン島には元々紀元前9世紀頃からケルト人(ブリトン人)が侵入してケルト語が使われていたそうです。

古英語は、5世紀にドイツからイギリス諸島に移住し始めた部族によってもたらされた、非常にゲルマン的な言語でした。

ケルト語とかゲルマン的とか難しいですよねw

ちなみに古英語は言語学者の間では評判が悪く、詩的な要素に欠けることが多いと考えられています。

また、古英語には、him、heとその派生語のように、現在でも認識できる短い単語がいくつか残っているようです。

しかし、古英語というのは今では使われていない言語で、現代英語とはまったく違う言語で、文法も複雑なので現代の米国人や英国人が見てもあまりわからないそうです。

第2段階:中英語

第2段階は中英語です。アングロ・サクソン人の支配がヴァイキングの侵略によるさまざまな影響、ノルマン征服(1066年)、そしてもちろん、教会の言語であったラテン語などによって組織的に破壊され、危険にさらされたことからこう呼ばれるようになりました。

ヨーロッパ本土のロマンス語からの強い影響が見られるようになり、英語の発音の変化も起こりました。

色々な世界情勢が言語にも大きく影響しているのが分かりますよね!

ここから非支配層の農民だけが使用していた英語は、イギリスの国会、教育、公文書など拡がっていきます。

第3段階:近代英語

第3段階は近代英語です。主に16世紀に始まり、現在まで続いているとみられています。

1776年7月4日のアメリカ独立により、イギリス英語、アメリカ英語とそれぞれ特徴が分かれていきます。

黒人英語というのを聞いたことがあると思いますが、こういった言語も使われだします。

この黒人英語の起源については色々な説があるようですが、当時の黒人奴隷が白人にわからないようにスラッグを使いだすようになった事などから独自の発展をとげたと言われているそうです。

英語にこんな長い歴史があるなんて驚きでしたwこうやって長い時間をかけてできたことを考えると、感慨深いものがありますね!

スマホホームステイ公式HP TOPページを見る