ニーサが人気の秘密

色々なグラフ

株式などの金融商品を購入した場合、税金がかかってしまいます。
ニーサとはもともとイギリスで始まった金融商品にかかる税金を非課税にする制度で、株式をはじめとした金融商品にかかる税金が年間100万円までの制限はありますが、非課税になるという制度で2014年の1月からスタートしました。国の財政が厳しい今現在、国に頼らず自己資産を増やして今後に備えてほしいという狙いの元始まった制度です。
ニーサの特徴はニーサ口座を介さない普通の証券口座で株式などを購入し、値上がり益や売却益が発生した場合通常ですと20パーセントの税金がかかるのに対し0パーセントになるため税金の部分がまるまる自分の利益になるところです。
例えば100万円の株式に2倍の利益が出た場合、通常の証券口座の場合は利益分の100万円に対して税金が20パーセントの20万円かかりますが、ニーサ口座の場合はこの20万円は非課税になるので20万円は自分のものになるという事です。
ニーサ口座は20歳以上の人なら誰でも口座を開くことが出来、2014年から2023年までの10年間毎年100万円ずつの非課税枠が設けられ、さらに一度購入した株式などの金融商品は最長で5年保有する事ができます。
例えば2015年に購入した株式でしたら2019年までニーサで保有する事が出来、非課税の恩恵を受ける事ができます。そして2020年間以降は一般口座(もしくは特定口座)に移動するか、100万円を上限にして非課税投資枠に移すか選ぶ事になります。
投資をしているとやはりそれにかかってくる税金というのは投資金額が増えれば増えるほど大きな存在となります。ニーサはそれらの税金が全て非課税になるため利用している人がとても多く人気があります。

サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ