日本円の札と硬貨

ニーサ(NISA)は、2014年1月に始まった「少額投資非課税制度」と呼ばれる新しい制度の愛称です。
こちらの制度は、イギリスの「ISA(アイサ)」を参考にし、「NIPPON」版であることから「N+ISA=NISA」となりました。イギリスでも期間限定の制度として始まりましたが、今では恒久的な制度となっています。
ニーサの具体的な内容は、「株や投資信託などの売却益や配当金を非課税にする」というものです。従来の株や投資信託で得た利益には、約20%の税率が課せられてしまいますが、ニーサを利用することで、「年間100万円」までの投資で得た利益には税金がかかりません。
こちらの制度を利用するためには専用の口座を開設する必要があります。口座の開設は、日本国内居住の20歳以上で、1人に対して1口座しか作ることが出来ず、一つの枠に対して最長非課税期間は5年となっています。ただし、口座は毎年別の金融機関に替えることができ、それを利用することで非課税期間を最大10年間にすることも出来ます。
ニーサによる非課税期間は2014~2023年までの10年間となっています。また、非課税枠の上限は、2014年~2015年は100万円となっており、2016年~2023年は120万円となっているため、最大で1160万円の非課税枠を利用することが出来ます。
ニーサ口座で取り引きできる金融商品は決まっており、「株式投資」、「公募株式投資信託」、「上場REIT」、「ETF/ETN」となっています。そのため、FXや債券などの金融商品は対象外です。
ニーサの利用を考えている方は、まだ期間は十分残されているため、有効に活用することで税金の免除を受けることが出来ます。

記事一覧

将来的なことを考えれば、ある程度の年齢で投資活動に興味を持つべきです。 年金の受給額が少なくってきた...

ニーサ口座を所有すれば、株式売買や投資信託の売買で収益を上げた場合、証券にかかる税金負担をゼロにする...

平成27年度の税制改正大綱ではいろいろな改正点がありました。 税制改正とは与党の税制調査会で今後の予...

ニーサは去年2014年に新しくできた非課税制度でして、ニーサ口座で購入した上場株式などの配当金や売っ...

株式などの金融商品を購入した場合、税金がかかってしまいます。 ニーサとはもともとイギリスで始まった金...

株式投資をする人は、税金対策をしっかりと行っていきましょう。 大きな利益を出せるビジネスは、大きな税...